【沙藤ユリ】スケベっぽいのがいい!! – 新人 沙藤ユリ

新人 沙藤ユリ

超美乳の天然娘がプレステージから専属デビュー!恥ずかしがりながら裸になり、激しく手マンで潮吹きされられウットリ。

体位を変えながら打ち込まれ揺れるオッパイは堪りません!独特なしゃぶり方のフェラやオナニー、パイズリ抜きも見逃せません。

男2人にリードされながら3Pになり、快感のままに乱れる!

「新人 沙藤ユリ」の本編動画はこちらから

女優名: 沙藤ユリ

新人作としては充分。特にローションおっぱい擦り◎。☆4つ!

1)ベロキス。

指マンで潮吹きまくり。

おっぱいもみながらハメまくり。

マシンガン突きで胸射。

2)先っちょペロペロしまくり。

舌使い超エロイ!竿も玉も舐め。

手コキフェラで顔射。

3)水色の下着姿◎。

目隠しオナニー。

両手でおっぱい抱えいじりまくり。

パンティーに手突っ込み、おまんこいじりまくり超H!おっぱいもみながら直マンいじり昇天。

4)青ビキニまぶしい!ローションでテカテカおっぱいなでまわし。

プルプル具合H!水着食い込ませ、おまんこ擦りまくり。

ちんこ握り、ちんこおっぱい抑え、擦りまくり。

パイズリ。

谷間で手コキ射精。

5)3P。

いやらしくベロキス。

おっぱいなでまわし。

もまれまくり。

乳首コリコリ吸われまくり。

左右におまんこ開かれ、指マン。

「ペロペロして」超H!ハメまくり顔射2連発。

総じて、お掃除無し残念も、新人作としては充分。

特にローションおっぱい擦り◎。

☆4つ!

新星!!

店でたまたま見つけたレンタルしましたが、これは発見!AV業界でも結構、注目されているのかな?惜しくも短い寿命で引退してしまった、個人的に好きだった「黒川きらら」や「平子エミリ」を彷彿とさせる、切れ長の目と、顔の作りです。

あと「島谷ひとみ」あたりをミックスした感じですね。

なにより、胸がいいです。

軽く外に開いている感じが、作為を感じない。

天然乳でしょうね!乳輪も若いのに肌色に近くて。

ピンク色ももちろんぐっと来ますがこのリアルな乳首もいいものですね。

Tバックからはみ出る、長めのヘアの生え方も卑猥。

プレイもそつなくこなしてますが、確かにちょっと新人っぽくないのが強いて言えば珠にキズかな。

贅沢な悩みだけど。

うーん、当分、この子にハマりそうです!!

過度の期待はできない

内容1.おもちゃ責め2.初からみ全裸で胸射3.フェラフェラ抜き口内発射4.暗がりオナニー5.3PW顔射感想パケで見るより70%くらいの子。

なんか新人さんでいろいろ反応を楽しみにしていたが普通に絡んで終わり。

初々しさがなくどこかあか抜けない子ですパケ見たらアイドル路線かと思ったが容姿的にはそうではない売りは天然のぼいんちゃんだが、それを駆使したパイズリシーンがほしいところ性格はかわいい子なので頑張ってほしいけどかわいいこの子が多いAV業界では、これといった武器がほしいおっぱいも容姿もこれぐらいの子いっぱいいるしねプレステで新人って珍しく期待したが素人物でもまだまだかわいい子はいるプレステこういった感じでデビューしてくれればもっと女優さん忘れずに見ると思うので、今後期待したい

美乳のスタンダードモデル

Fカップ女優「沙藤ユリ」のAVデビュー作。

オープニングインタビュー後、初脱ぎシーンで天然モノの92cm乳を披露する。

ボリューム・フォルム共に、まさに「美乳のスタンダードモデル」といった印象。

数度にわたって手マンでたっぷりと潮(本人いわく『洪水』)を吹かされ、「準備万端」になった所で初本番に突入する。

着衣でのフェラチオ奉仕を経て、中盤は、目隠しセルフ乳揉みからの全裸電マオナニー。

さらに、極小ビキニでのローションパイズリを挟んで、後半は、全裸3Pでダイナミックな駅弁FUCKを見せつける。

特に、手マンシーンでブピブピと卑猥なマン屁を放出する様子は、必見である。

マングリ挿入などのハードな体位をなんなく受け入れる分、新人らしい「恥じらい」に欠けるのが、唯一のマイナスポイントである。

パケは神レベル

実際の女優はパケよりも垢抜けてない感じ。

でもそれが逆にいやらしい。

少し体はふっくらしているが、素人っぽさが出ててそれもいい。

絡みはもう少し激しめにしてほしかったし、デビュー作ならイメージシーンも撮ってほしかったかな。

作品はまあまあでも、今後に期待していい女優です。

スケベっぽいのがいい!!

パケ写とは雰囲気が違いますが、スケベっぽい感じが気に入りました。

顔も可愛いしスタイルも良いので、抜く上で結構使えた作品でした。

ただ、期待したオッパイはオッパイ星人には小ぶりたっだので、満点は付けられませんでした。

「新人 沙藤ユリ」の本編動画はこちらから