【春咲あずみ】皆さん好評価なので吃驚しました。 – 触手に溺れて― 女子大生の憂鬱 春咲あずみ

触手に溺れて― 女子大生の憂鬱 春咲あずみ

あずみは教授の薦めで、山間に佇む村落で地質調査を行うことになった。

教授が紹介した旅館に宿泊しているあずみは度々、子守唄を耳にする。

旅館に子供部屋があるのに気付き、覗くと‘触手が無数に生えた肉の塊’を目にする…。

「触手に溺れて― 女子大生の憂鬱 春咲あずみ」の本編動画はこちらから

女優名: 春咲あずみ

SODの「触手アクメ」より、何倍も面白い!(

SODの「触手アクメ」のバクリか。

「触手アクメ」は最初に見たときは「よくもまあ、こんな企画を」と感心したけど、あと1本、見たら、飽きたなあ。

触手そのものはSODのよりniceです。

佐川との20分ちょっとの絡みも、二人の熱演が光ります。

今年2月のreleaseだけど、モザ、だいぶ改善(?)されていて、これも大変nice!!2006年3月にデビューして、まだ現役か、あずみ。

今だから

触手作品の白眉。

女優の表情、カット、拘束感、射精表現、すべてが良い。

色々な好条件が重なったのかもしれないが、中だるみもなく、作り手のこだわりや情熱にも力強さがある。

カット1つでも、どう撮ればどう見えるか、どう見せたいか、昨今の凡作とは雲泥の差がある。

平凡にすら見えていた主人公が、触手に堕とされるやどんどん淫美になっていく過程、その表情も、際立って良い。

最初からフェロモン全開の女優では、ギャップも生まれない。

これはこの時の春咲あずみに負うところが大きい。

乳房すらが、触手に襲われていくにつれ、ひとまわり大きく張り詰めていくようにすら見える。

ルックス、スタイルなら引けを取らない、あるいはキャリアで上をいく他の女優の作品でも、どうしてこの作品を超えられないのか。

これから触手作品を撮る方には、必ず見てほしいとさえ思う。

2016年の今になってレビューしたのは、この作品の監督へ、今一度本気モードを請うためだ。

このジャンルが好きな方は、手に入るうちに、必ず持っておいて損はない。

映画っぽい作りで面白い

・実写触手物にありがちな、全編触手というわけではなく、触手の養父(?)も陵●するシーンがある。

・OP曲・ED曲・挿入曲は春咲あずみ自身が作詞・作曲を手が けそして歌っている。

しかもうまい。

・春咲あずみの円熟したボディと演技。

実写触手物では最高峰の出来だと思います。

あくまで個人の感想です

温泉のシーンではGIGAもSODも超えたな、って感じ。

春咲さんの演技も大きいイカと…前作は見てないんだけど、イカちゃんな触手には笑わせてもらいました。

豪華

基本的にシチュエーションは触手なのですが、他にもいくつかシチュエーションが入っており、「同じような内容が続くと飽きる」という人には良いと思います。

ちなみに使用されている曲については、女優さんの所属事務所HPのデモCD購入画面で注文手続きをすると、CD-Rに焼いて送ってきてくれます。

デモCDは2種類ありますが、気に入ったら探してみるといいです。

温泉のシーンがいい

シリーズの中で一番いいかも 特に温泉でのシーンは堕ちる様子がよくあらわされてる

あまり好きでない

皆さんの評価が良いのでレンタルしたがあずみちゃんの顔と体は素晴らしいが普通の絡みの方が私は好きです

可憐な女子大生が異形のモノのもたらす快楽の虜に…

山村の寂れた旅館(0:20)突然無数の触手が襲う全身を這い回る異形のモノに悲鳴が!!口腔に女唇に潜り込む触手の群れ次々に粘液が迸る(0:38)触手に与えられた快楽に身体が火照る耐え切れず自慰淫らな姿を宿の主人に撮られてしまう懸命に抗う執拗な責めに喘ぎ啼く父の非行を謝罪する若者化物の正体は弟次郎だった(1:14)再度襲いかかる触手いつしか嬌声を挙げ受け入れていく自ら化物の肉棒を咥え白濁液が溢れる女陰への侵入に「入っていいよ」迸る精液に…イクっ(1:35)連絡が絶えた教え子を探しに教授が来訪女子学生は次郎の部屋で触手に身を委ねていた同情ではなく快楽から逃れられないから…無数の肉棒が唇を割り女の泉に侵入する全身に大量の白濁液を浴び悦びの声を噴き上げ快楽に狂っていく…あずみCの作曲作詞の歌声が楽しい造り物感がどうしてもジャマかな…

予想通り

期待してなかったが、予想通りの内容。

この手の企画に入り込めるかどうか。

一度見れば飽きる。

その中でも、春咲あずみのスタイルはさすがに抜群で全裸の入浴シーンも楽しめる。

動画評価です

触手ものストーリーや春咲あずみちゃんの好演技と歌とかは十分に楽しめるものでした。

HD版が値下がり後にねらってたかのごとくポチったわけですが、非常に満足できるHDです。

画質でも映画並みといえると思います。

春咲あずみ 少し好きになりました・・・

シリアスな、触手シリーズなのに春咲あずみを上手く使ってアイドル的なオープニングとエンディングは斬新でした。

ストーリーも、このシリーズは確りしていて良い!触手にレ●プされる途中で気絶!↓思い出し布団でオナニー↓民宿家主にレ●プされる↓それでも、触手との陵●を思い出し温泉露天風呂でオナニー↓触手に再レ●プされる↓完全に触手の手中に堕ちる触手で課題のおっぱい責めを乳首吸引器を使い上手く責めているので、そこも面白い!今後の作品も楽しみです。

ズブズブ

快楽が忘れられず段々と触手に溺れるのが良い。

旅館の親父は不愛想な上に人間体のモンスターでもある。

触手作品を作り込んでいる上に春咲さんの演技と歌は高評価である。

あずみは可愛い

女子大生のあずみが温泉旅館で、旅館の親父と触手に犯●れる。

春咲あずみはアイドルのように可愛いし、裸身もきれいだ。

また快楽に溺れていく様子も色っぽいと思う。

ただ、触手の責めはどうしても単調になりがちだった。

あずみの可愛さで星1つおまけ。

段々と…

見応えのある一本でした!!タイトル通り、最初は嫌だったのに、快楽が忘れらなくて、最後には堕ちる、というありがちなストーリーです。

ですが、女優さんのスタイルや容姿、演技など、とてもすばらしく、話の構成も面白くて、いつの間にか見入ってしまう作品だと思います☆触手に犯●れている時に「あれ?今の反応、自分から求めてきた?」なんて思いながら見ていました。

ただ、陵●が苦手な方はあまりオススメしません…どうでもいいですが、この作品に出てくるお兄さんが素敵すぎる人間性でした☆笑

淫獣の触手に陵●される女子学生

山間の温泉宿を訪れた女子大生が、モンスター親子に陵●される物語。

しかもその息子の一人は…という、コミックの世界観。

人里離れた温泉という背景設定とか、スタイリングや美術、音楽、特撮と、制作にはそれなりに手間をかけている。

触手と心を通わせる場面とか、大量に白濁液をぶっ掛けられるのが見所かも。

女優さんはキャリアを生かして、演技を相応にこなしているし、キワ物になりかねない微妙さをクリアできていると思う。

これは真性ホラーではなく、触手のエロさを表現するAV作品なので、まずはそのつもりで観るほうが楽しめるといえる。

普通のAV作品に飽きた方にお勧め。

皆さん好評価なので吃驚しました。

映画みたいな作り、ストーリーが良いという感想が多いようですが、自分はそれがかえって邪魔に感じられました。

その色眼鏡で観ると、皆さんの感想と相反してしまいます。

1.作品の半分近くが不要な小芝居。

「1~2分くらいで5Wが表現出来れば充分なのに。

」2.男優との絡みは不要。

「そんなの別の作品でいくらでも観られるし。

」3.触手との絡みが貧弱。

「5分経とうが10分経とうが絡みの見た目に大きな違い無し。

」3という致命的な原因があって1、2が入って来たのではないかと思います。

「触手の化物が女性を襲っているシーン」自体のストーリー性が薄いと感じました。

作品のコンセプトが、普通の人でも安心して観られるキワモノ、なのかも知れません。

これは普通の感覚の人の作品です。

出演されている女優さんはとても良かったです、唯一の救いでした。

こんな意見もあるのかとご参考までです。

好評価寄せて頂いた方々ご免なさい。

「触手に溺れて― 女子大生の憂鬱 春咲あずみ」の本編動画はこちらから