【みはる, 東野愛鈴, 君嶋かりん, 宮崎あい】一人目が... – 対面相互愛撫 ま○こイジりながらち○ぽシゴかれちゃった僕。 その2

対面相互愛撫 ま○こイジりながらち○ぽシゴかれちゃった僕。 その2

狭い空間の中、熱い吐息を感じるくらい身体を密着されて、思わず勃起したち○ぽを捕まれる。

「声出したら気付かれちゃうよ!」下ではクチュクチュと粘着音を響かせながら、こっそりと互いの性器をイジり合う彼女と僕。

「対面相互愛撫 ま○こイジりながらち○ぽシゴかれちゃった僕。 その2」の本編動画はこちらから

女優名: みはる, 東野愛鈴, 君嶋かりん, 宮崎あい

あーそこでお口を・・・

そこで女優さんにパクッとして貰えないもどかしさがまたいいんです。

(^^;)

無力感と緊張感と快感の交錯する世界

待望の対面相互第2弾。

前作と同様、受け身好きのソフトMにはたまらない内容です。

どうしようも抵抗できない無力感と張りつめた緊張感がしっかりと出ていて大大満足でした。

前作より、言い聞かせるような言葉責めがより秀逸に、導入から放心状態に持ち込む流れも、甘ーいけど緊張感を保つ雰囲気づくりも、女優さんもぴったりはまるかわいさや色気がでていて、私にとっては、完璧にはまれる最高の作品のひとつです。

同志には(^^ゞ、安心して、絶対お薦めできる作品ですよ。

大満足。

前作もなかなか良かったですが、2作目はさらにパワーアップした印象を受けました。

今回は学園系コスチューム(体操着や制服)が多かったので、個人的には大満足です。

言葉攻めも言わされているという感じではなく、自然と口から出ているような感じなので、恥ずかしながらもM心をくすぐられてしまいました。

その2もいいが

一番目の学園ものは対面相互愛撫ではない。

ブルマの中を触らせていればよかったものを。

言葉攻めと手コキでいかせるとは、主旨に反すると思う。

次回作は、必ず対面で、触りっこさせてお互い気持ちよくフィニッシュは2人でニコニコで締めてもらいたい。

3作目も期待してます。

駄作だ

宮崎あいは素晴らしいのだが他の2人のキャスティングに問題アリ。

作品云々の問題だ。

宮崎あいを起用するならネームバリューのある女優を抜擢してくれ。

男を誘惑しながらの言葉攻め&手コキ

男を誘惑しながらの言葉攻め&手コキ。

良い保健室の先生・JK・ホテルの従業員・OLなどのシチュエーションも良い。

こんな誘惑されてみたい。

妄想力を引き出してくれる作品

良かったよ!

耳元で囁くエロい言葉、徐々に興奮できます!俺もこんな風にやりたいです。

こんな感じでシゴかれたらオナニーの時より2倍位ちんこ立つわ。

シゴくのとフェラもミックスしてくれたらかなりヤバイな。

1の方が良かった

バーチャル感はでていたが、このシチュエーションでキスをしないのはかえって不自然だな。

ベロちゅうキッスを入れればもっと良かったということでその1の方が良かった。

素晴らしいの一言です

初作がすばらしかったが今回のはそれ以上の出来です。

進行のしかたや出演者の演技も完璧。

もっと普通にやって。

男が切なげにあえぐのやめた方がいいですよ。

あと女にも、いかにもそれっぽいセリフ「こんなところでこんなことしちゃって、あ(ハート)」とか言わせない方がよいです。

ウソくさくなるばかりですので。

ただあえぎ声を抑えてるだけの方がよっぽど興奮する。

あとなんでキスほとんどしないんだろ。

もっと普通にやってください。

そしたらこの1000倍興奮するものができると思います。

個人的には1作目。

皆さん、2作目を褒めますが、内容、女優・男優ともに1作目の方が好きです。

ブルマのコ(君嶋かりん?)はかなりいいですね。

淫語も上手ですし、なにしろ顔がエロいです。

東野愛鈴は味気ない淡白な演技が好きじゃないのと、宮崎あいはいかにも普通な痴女っぽいメイクがマイナスですか。

前作は課長を2人で責めるシーンが大好きでしたが、今回は抜きん出て抜ける(?)シーンというものがありませんでした。

あんまり変態チックじゃないんですよねー。

そう考えると、前作の課長(男優)の存在ってやっぱりデカいんです。

チ○ポもデカいよきっと!なんてな。

(苦笑)ただ、やはり面白いシリーズではあります。

十分です。

君嶋かりんちゃんがかわいいです

日常のちょっとしたエロ隙間が見れます。

お互いをさわり合いますが、はだかの激しいからみがほしいです。

やはり鉄板でした

シリーズ2作目ですね。

さっそく見ましたが、基本的には前作を踏襲しています。

いろんな意味でギリギリの状況なのに、背徳的な行為に及んでしまうという・・・。

さらに言葉攻めが強化されてて、プチMな諸兄にはたまらないと思います。

そして何より評価したいのが、この手の作品の肝になるのがリアルな臨場感であることを、メーカーさんがしっかり理解しているところ。

作品を通して、なんとか臨場感を出そうとしている姿勢や演出が見受けられました。

素晴らしい。

パンチラと相互愛撫のシリーズはハズレがないですね。

それにしても、遠距離恋愛で久々にあった彼女と壁一枚を隔ててなんて・・・最高じゃないですか(笑)

こういう作品を待っていた

僕の好きなシチュエーションですね。

卑猥さを存分に味わえます。

大袈裟ではなく言い切りましょう。

異性との相互愛撫、まさに「究極の理想系」であると言っても過言ではない!と。

数あるシチュエーションの中でも、アダルトビデオの本質というか、アダルトビデオの本気を見させて頂きました。

これなんだ、僕が望んでいたのは・・・あまりの素晴らしさに感動すら覚えます。

ますます現実逃避に磨きがかかるのがちょっとだけ怖いのですが。

これはいい!!じらされて興奮度最高です。

パート1も見ましたが断然2のほうが上です。

女の子にじらされつつもその女の子が我慢できずというシチュエーションがよく表現されています。

一人目が...

一人目の女の子は相互愛撫では無いですね。

ブルマの上からでも、こすってくれれば興奮度がUpしたんですけどね~もったいない…

「対面相互愛撫 ま○こイジりながらち○ぽシゴかれちゃった僕。 その2」の本編動画はこちらから