【有賀ゆあ】ゆあちゃんが可哀そう – 恥ずかしいカラダ パイパンスレンダー 有賀ゆあ

恥ずかしいカラダ パイパンスレンダー 有賀ゆあ

大手単体レーベルからデビューしたゆあさん。

彼女が好きな脂身を食べに信州へドライブに出発。

その後にラブホに連れ込みおセックス。

上品な見かけとは裏腹にハアハア好感度なゆあさん。

さらに下の毛は見事なパイパンで、そのつるぴかマ●コをさらにテカテカに湿らせ、アツい肉棒を「ナマが好き」とにゅるっと食べちゃいます。

「恥ずかしいカラダ パイパンスレンダー 有賀ゆあ」の本編動画はこちらから

女優名: 有賀ゆあ

曖昧なレビューでごめんなさい。

わけあって絡みはほとんど見ませんでしたが、エピローグでカンパニー氏が見込み違い…というのはゆあちゃんのことではないでしょうね。

おそらくは以前愛した林由美香に似たものを感じてオファーしたのに、綺麗な脚や景色以外、つまりは肝心の心の部分を写せなかった(作品の中身が空っぽだったということ)と解釈しました。

ちゃんとそのあたりを説明してあげないと、女優さんもファンの方も怒るでしょうけどね。

カンパニー氏は勘が鋭いなとは思いました。

手抜き

ゆあちゃんはカワイイし、魅力的な女優さんですね。

でも、作品としてはいただけません。

カメラワークが最低です。

手ぶれはあるし、影はあるし、ピンボケ、被写体外し、歪みなど、見辛いです。

男優のセリフもウザい。

ゆあちゃんが可哀そう

この作品は、撮影途中から監督が過去に思い入れのあった女優さんとの思い出の方に気持ちが行ってしまい、撮影が上の空になり、今、目の前にいる女優さんを全く生かしていません。

ゆあちゃんは、美人できれいで、性格も良くて大変好きな女優さんなのに、この監督は、この女優さんの作品を自分の個人的な過去の回想で台無しにしています。

監督の感想で「見込み違い」という字幕が出ますが、一生懸命やろうとしているゆあちゃんから見て、この監督の方がまさに「見込み違い」だったというべきの駄作中の駄作です。

商品として売り出すレベルの作品ではなく、上の空で作った作品はプライベートビデオ以下であり、女優さんにとても失礼だと思います。

とにかく、こんなビデオでは、ゆあちゃんが可哀そうです。

「恥ずかしいカラダ パイパンスレンダー 有賀ゆあ」の本編動画はこちらから