【JULIA】ほームーディーズとのコラボ?上手いアプローチ落としのテクニック – MOODYZ×ATTACKERSコラボ企画 あなた、許して…。 ファインダー越しの愛欲 JULIA

MOODYZ×ATTACKERSコラボ企画 あなた、許して…。 ファインダー越しの愛欲 JULIA

カメラマンを目指す明弘のモデルを引き受けることになった由香と夫。

二度目の撮影を頼まれた日、夫が急な仕事で出かけてしまい由香は一人でモデルをする事に…。

次第にエスカレートする明弘の要求に戸惑う由香に…。

「MOODYZ×ATTACKERSコラボ企画 あなた、許して…。 ファインダー越しの愛欲 JULIA」の本編動画はこちらから

女優名: JULIA

安心の王道路線(ただし背徳感薄目)

ストーリーとしてはこのシリーズの王道を貫いたもので、いまさらあれこれ言う必要はないと思います。

背徳感の意味では少し弱い気もしましたが、何より女優さんの質が相当いいため、これでカバーできているのではないか、と…。

(演技は正直…?な部分もありますが)ただ、今回は撮影を重要なポイントにしているなら、これを生かしたプレイとかしてもよかったかも知れませんね。

大胆なヌード撮影を行うとかいう感じで。

せっかくの小道具が生かせてなかったように思います。

あと、今回の作品、意外と彼女の全裸が少ないです。

卑猥な豹柄水着とかもいいのですが、全裸で最後ににあられもなく絡むシーンを見たかったようにも思いました。

彼女の場合、全裸こそ一番魅力的だったんじゃないのかなあ…。

まあ、そういう不満などもありますが、全体としては安心して見れました。

よかったのではないでしょうか?

良作品

甥に犯●れ、やがて情事におぼれていく人妻。

3回のカラミがあり、1度目はいやがりながら犯●れ、次は無理に押し倒されながら受け入れ始め、最後のカラミでは甥との情事を完全に受け入れる。

JULIAは、こういった人妻役が似合い、美しさとエロさを兼ね備えたSEXを見せてくれる稀有な女優だ。

イメージ風のキッチンでのフェラやシャワーを浴びながらの絡み合いも綺麗に撮れている。

甥役の男優がJULIAの美巨乳や美しい身体にむしゃぶりついているのが印象的で、ベロキスが多いのもいい。

ありがちなオナニーやオモチャ攻めなどを入れずに充実したSEXシーンだけで作品を作ったのが良い結果を出している。

「アタッカーズ15周年記念作品」にふさわしい良作。

なぎらマジックで女優は変身して行く julia覚醒!

本作もなぎらと萩原の黄金コンビが放つあなた許して・・julia版普段顔→工●静香似犯し顔→熊●曜子似ですさて、juliaほど監督の技量とによって作品の優劣がはっきりと別れる女優も最近珍しい。

近作「女教師レ●プ輪●」は素晴らしく「喪服の未亡人」ではマグロ駄作で早送りとても同一人物とは思えません。

julia自身、ベテラン男優よりも若い男優の方が肌に合うのかもしれません。

本作も68分の腰振りハメハメと90分の顔面押し付けクンニは確実に抜けます。

男優もどこで覚えたのかテクニシャンでjuliaを本気にさせてます。

男優もピエール剣や吉村の時代が去らなければこの業界も寂しいよ。

同日に鑑賞した西野翔「恥ずかしい私を見ないで」も良かったが、なぎら作品にはエロスの「品」があると思います。

最強のボディーだけど・・・

正直言って、SEXしまくりの作品ならこれほどの女優は居ないと思う。

けど、本作品のようなドラマものには不向きな気がした。

とにかく台詞もリアクションも下手で何度か関係をもった後に甥が夕食に招かれた時などドキドキする場面だけど、さほど緊迫感がない。

甥役の男優も男前なのに、演技も台詞もネットりしていてあまり好きになれなかった。

ただ性交の場面、特にシャワーの場面は秀逸で一番興奮した。

なので差し引きして評価は3.

甥役の男優がはまり役

若い甥と秘め事をする人妻としてJULIAは適していると思う。

芝居は上手くないけど、悩ましげな表情は上手く撮れている。

甥役の男優が役にハマっていて、JULIAを引き立てている。

話はうまくできていて、夫が妻とは知らず妻のヌード写真をみて夫婦で会話するシーンがあり、夫の情けなさも表されている。

欲を言えば、もう少し初回のカラミで抵抗してほしいし、2回目のカラミの途中からと3回目のカラミが同じような見え方なので、違いが感じられれば良かったと思う。

カメラの前でより大胆になっていく人妻の姿があれば大満足なんだが・・・。

末恐ろしい。

最近の大学生は、キスもSEXも誘惑も上手ですね。

元モデルの叔母さんを写真撮影を口実に体の関係を結んでしまうとは・・・。

なんと末恐ろしい・・・。

大学でどんな勉強をしているのでしょう?この人妻もこれからどうなって行くのか?描かれているとまた興味が湧く。

甥に弱みを握られて甥の友達に凌●されてしまうのか?妻が甥に犯●れた事を知った夫の反応は。

このシリーズそう言うのも有りかと・・・。

悪くはないですが・・・

義兄の長男との不倫という設定は新たなパターンですが、どうも背徳感が薄く、抵抗しながらも体の官能に負けてしまう 今までの良さが感じられないように思います。

男優の芝居は下手ではありませんが、もっと野卑なタイプで荒々しさのようなものが在ったほうが良かったのでは?

ほんとは無理やり犯●れるのが好きな人妻の話

もともと痴女役がほとんどだった女優なので、陵●ものでの演技の幅はあまり広くない。

唯一得意なのが、口では嫌がってるけどほんとは無理やり犯●れるのが好きなんだろ、という役どころでこの人の陵●ものはほぼ間違いなくそのパターン。

この作品も例外ではなく、最初のレ●プシーンから本気で嫌がる抵抗感は希薄。

レ●プの快感が忘れられず甥を再び家に招きいれ、不倫関係にはまっていく流れ。

自分の隠れた変態性癖を受け入れるかどうかの葛藤がメインで、夫への罪悪感に関する葛藤はあまり感じられない。

自分の欲望を開放していく人妻のエロさが出ていて質は十分高いが、恥ずかしい姿を写真に撮られると燃えるという描写がありながら、それがカラミに十分反映されてないのがもったいない。

3番目の本番シーンも2番目とあまり差がなく、ここに工夫があれば星5つもいけたのではないかと思う。

スタイル抜群のJULIAさん

元モデルの人妻(JULIA)。

写真家志望の甥(鈴木一徹)に夫婦の写真を撮りたいと頼まれる。

夫(花上真治)の留守に甥が来て、1人被写体に。

昂ぶった甥に唇を奪われ、ソファで乳吸い、クンニ、アナル舐め、イラマ。

騎乗位、正常位、後背位、立ちバック、正常位で顔射。

痴態を撮られる。

何度も来る甥に根負けし、豹柄の水着で撮影。

乳揉みを拒むが、「バレたら困るよね」とキス。

乳吸い、クンニ、指マンされ、フェラ、パイズリ。

正常位、騎乗位、後背位、正常位で顔射。

台所や浴室で激しく交わる2人。

ベッドで乳揉み、顔騎クンニされ、即尺、69し、指マン。

後背位、後座位、伸脚後背位、騎乗位、撞木反り、後側位で交わる。

正常位ではめ撮りされ、「このまま中に出してもいい?」「駄目、それは駄目」と拒むが、膣内射精。

水川あさみに似たJULIAさん。

バストは100センチで、腰はくびれている。

陰毛は控えめで、陰部はピンク色だ。

JULIAさん!とっても素敵ですね!

女優さんは超素晴らしい肉体で熱演。

男優さんも頑張ってました。

でも、ドキドキしなかった…。

それは男優さんとストーリーにミスマッチがあったからだと思います。

淫獣やキモ男に犯●れ次第に肉欲に屈していく姿にこのシリーズのポイントがあると思います。

ところがこの作品の男優さんは初めから嫌われないですね。

可愛く若い牡なんです。

だから受け入れてしまって…。

この様な可愛い男優さんの場合は2人が悩み慄きながら背徳の関係に溺れていくドロドロした物語を考えていただければよかったのかと思います。

メーカーさんに御一考いただければと思います。

そんな意見もあるのかと…。

いい作品ながらシリーズの基幹部から外れた作品

背徳感や墜ちて行くという過程が全く描かれていないという、シリーズの中では低位に位置づけされるべき作品です。

しかもホワイトバランスが悪く映像的にも失敗の部類に入ると思います。

唯一の救いは女優さんの美しさでしょうか。

ただし人妻感はうまく描かれていません。

このシリーズはマンネリでもいいのです。

 抵抗→従順→積極という3パターンをしっかり保って欲しいのです。

アイデア的には最高だが背徳感がもう少しほしかった。

若い甥っ子のカメアラマンを登場させ人妻をモデルにし不倫に陥るというストーリーはアイデア的には最高で真に脚本家の才能を感じさせるストーリーであった。

そのモデル役もJULIAで真にハマリ役.彼女のモデルとしてのスキルの高さを改めて感じさせる作品だった。

(スタイルも巨乳も顔も最高)大袈裟な言い方かもしれないがJULIA以外の女優さんだったらこのストーリーは成り立たなかったかもしれない。

ただ一つ難点を言えば背徳感が薄い所である最後のシーンで展覧会が終わり今後はモデルと写真家という関係が成り立たなくなり外で会う為.鏡に向かってお化粧をしているシーンが唯一背徳性を感じるがもう一アイデアあえば最高の作品になっていたかもしれない。

旦那が三回程出てきて夫婦の会話で作品をわんきょく的に盛り上げているのも評価できる。

人妻としての現実感がなく、企画だおれな作品

正直なところ、ただ、JULIAのダイナマイトボディと濃厚な絡みだけを観るだけの作品という感想だ。

やはり、この作品としてはミスキャスト、人妻としての現実感がない。

いくら、アタッカーズ15周年、MOODYZとのコラボ企画だと言っても人気女優を起用すればいいという訳ではない!人選はもっと慎重に行って欲しい。

残念ながら、企画だおれという感じ。

内容も欲求不満な人妻が、若い男に溺れていくという展開にしか受け取れず、背徳感は極めて薄い。

義兄の息子いわゆる甥ってやつですな。

オーなんと素晴らしい作品。

期待していましたが期待以上の出来栄えです。

JULIAさん少し前は痴女系、誘惑系の作品が多かったのであまり観なかったんですが、最近ストーリー系しかも凌●的な作品に出ているのでここ視聴させてもらってます。

演技、表情等上手くなって来ている感じがします。

今作品では違和感は感じられませんでした。

内容も、今までと違い甥を使ってきた点で非常に新鮮でした。

年下なので若さで暴走するのかと思いきや、鼻につくくらいの狡猾さで、主導権は常に甥が持っているのも良かったです。

堕ちどころも、良いタイミングで満足していますが狡猾な甥らしく、叔父がいる所で隙を見て仕掛けて欲しかった。

そこだけが残念ですがコラボ大成功と言えるでしょう。

ほームーディーズとのコラボ?上手いアプローチ落としのテクニック

あなた許してシリーズは、どうも不倫ストーリーにしては、出会いの設定が不自然なものが多いと思っていた。

だが、これはイケる、然もカメラマン役の一徹がハマリヤクで人妻を大胆にさせるアプローチが絶妙だ。

人妻の:それ以上は!;には泣き落としをチョット挟み、すかさず大胆に迫っていく姿は:女を落とすのに慣れた男;そのもの。

和姦に持ち込むテクニックも見逃せない、抵抗が弱いのを見越して、バギナを眺めるシーンがあり、和姦の既成事実を作るあたり、これは誰の演出か知りたい、一徹のアドリブなら一徹のシリーズを作っていいぐらいだ。

:結婚詐欺師おんなを貢がせる男;なんてのはどうか?AV業界では臭いワザとらしい演技をする女優男優が多いが、この2人のさり気ない演技は実にいい。

あなた許してどころか、私浮気つずけます!になっている。

今まで見た中、このシリーズで一番いい。

「MOODYZ×ATTACKERSコラボ企画 あなた、許して…。 ファインダー越しの愛欲 JULIA」の本編動画はこちらから