【管野しずか】大丈夫か? – 恥辱の女潜入捜査官4 屈辱拷問 管野しずか

恥辱の女潜入捜査官4 屈辱拷問 管野しずか

不法な●物を追って潜入捜査中の取締官・しずかが、身内の裏切りによって凌●地獄へと堕とされる!果てしなく執拗な責め苦で美麗な顔が苦痛に歪む!やがて女は精神崩壊、瞳の中で燃える正義の炎もいつしか消えて…。

「恥辱の女潜入捜査官4 屈辱拷問 管野しずか」の本編動画はこちらから

女優名: 管野しずか

演技力で持ってる

いつもの展開に、適度に抵抗しているシーンが加わっている。

あとドラッグの使用がはっきりと描写されている(今までは簡単な解説のみ)。

もちろんドラッグなど設定の一つなのだが、ドラッグに犯●れているときの管野しずかの演技が見事。

この演技で何とか雰囲気は保たれている。

今までは熟女系女優で弛んだ体を犯していたが、今回は少し違った女優の起用という事で少し印象が変わった。

ただ元々のシナリオは全く変わってないのですが。

しずかは素晴らしい!

気の強い美形の顔としまりのないだらしない身体とのアンバランスさがとても良い。

羞恥心の固まりの鼻フックビデオ撮影。

だらしなく伸ばされた乳首拷問。

谷村○司そっくり(笑)になった鼻拷問。

逆さ鞭拷問。

バラの香りの屁&たっぷり牛乳?浣腸。

最後は、「もう、殺して~。

」の連呼中の大量噴射。

でも、何よりも興奮したのが菅野しずかの左手上腕二頭筋のリストカットの跡。

ボコボコした傷跡に男根をこすりつけてみたいと思った。

シリーズ1,2を争う傑作

『恥辱の女潜入捜査官2』と並ぶ傑作。

悲鳴の本気度が性感を刺激するが、時折絶望的な表情をするのがよい。

なによりも、ラスト近くで「殺して」とまでいうシーンが最高!このレベルの作品は、やはり女優の素質によるのだろうか……なかなか出てこないのが残念だ。

アタッカーズかと思った

もちろんシネマジックと知ってて借りたが、途中 アタッカーズかと錯覚した。

菅野しずかさんの演技がかなり秀逸。

気が強い女がヤられていき、尻スパンキング、縛られ アイマスクや 薬を投入され逆さフェラやセックス、乳首責めに浣腸と最高。

豚鼻されながらメイク直しを気丈にするシーンはツボった。

薬を投入されながら逆さフェラは最高に興奮した。

感じすぎてソファから本気で落ちそうになったりアヘ顔がスゴかったり 本気度が高い!

鼻責めが三シーンもあります

男優の台詞回しが堂に入っており全編に緊張感が漂う作品。

あらゆる責めに屈しない管野が、気丈に男達を睨み返す表情がとても美しく嗜虐的でした。

熱蝋で慄(おのの)いた管野には、続く逆さ鞭で泣きを入れる演技をしてもらえれば、最後の浣腸で屈してしまう布石になったのではと妄想してしまいました。

ラスト残念・・・・

あいかわらず、薬を飲まされると淫乱に豹変・・・今回は一応抵抗するところもあり、その葛藤が良かった。

あまり汐吹きを強調しないところも○ラストのマングリ浣腸は・・・・残念

拷問にさらされ堕ちていく美人捜査官

主演女優は黒髪ロングで、制服やメイド衣装が似合う色白の美人。

十分なキャリアのある方だが、すれた感じはなく、演技もクールによくこなしていて評価できる。

導入部で、潜入した女性捜査官が悪人の手中に落ちていくストーリーがあるが、シチュエーションを固めた後は、拷問さながらに陵●されてしまうだけの、ハードなシーンの連続。

カット編集には、改善の余地があると思う。

どこまでが演出なのか分からないほど、危険でマニアックな責めが続き、ついにヒロインが破滅してしまうパターンの展開。

全く出口の無い結末で、見終わった後味がよくないのが、この種の作品の欠点といえる。

美人を身体的に虐●したいという、屈折した願望を持つマニア向けの作品。

菅野しずか最高!

ちょっとミステリアスな色気があって、普通の女優だといっても充分通用する美人です。

肉体的にもかなりハードな責めが続くのに、絶対に屈しないという演技を続けるところにプロ根性を感じました。

内容的にはありがちなストーリーで、最後も尻切れトンボで終わるのですが、初めて続編を見てみたいと思いました。

しずかが捜査官としてのプライドを捨てられず、また自ら死を選ぶことも許されないまま、徹底的に性の道具として調教され続ける・・・そんな妄想力をかき立ててくれる秀逸作品です。

以前よりも美人

他のレビューと概ね同意見です。

管野しずかは以前よりも美人になった気がしますし、内容も最近のシネマジックにしてはまともに感じました。

特に乳首責めは本当に痛そうでした。

パラフィンはどの程度熱いのでしょうか?管野しずかは乳さえ美しかったら川上ゆうと双璧するSM女優になれると思います。

スゴイと言えばスゴイけど・・・

肉体を駆使したハードな調教シーンの数々はものすごいです。

ただスゴすぎて鼻フックなどが逆にちぐはぐに見えたり、最後の噴射シーンであそこまでやるなら全身顔まで浴びて欲しいと思ったりします。

ハードコア女優

3穴使いのハードコア女優,管野しずかがSMプレイに挑みます。

とにかく穴の使い方は半端ないけど,精神的にも強いところを見せます。

イラマチオ,浣腸,緊縛,吊り拘束,そして鼻フックの羞恥プレイなど。

色白の肌が綺麗で,アップにも充分に耐えられるお顔。

SMプレイは,本当に過酷だと思う。

管野しずかの人生で,今が最高に肉体を使っていると思うけど,はたして,どのくらい続くのか?壊れて欲しくないし,こんなハードなプレイを受けてもリタイアして欲しくもない。

間違いなく,私の中で抜けるAV女優,トップ10に入っています。

シネマジックの本気

やっとやっと本気を見せたシネマジック!この女優にはコレぐらいしないと作品負けしてしまいます!あいかわらずの鼻フックはどうかと思うがとても面白い内容!この女優さんはプレイだけでは視聴者は満足しないところを無感情な役をあてるあたりが最高!最後は正に尻つぼみでしたが、これはこれでよかったような?できることなら我慢させて挿入!というのも良いが時間の問題なのか?続けて発射できる猛者であれば希望もするだろうが充分であろう!

大丈夫か?

捜査官の管野しずかさんが捕らえられ、陵●されるというよくあるパターンの作品。

しかし、乳首にお盆を吊され物を置かれたり、逆さ吊りで溶けた蝋をぶっかけられ鞭を浴びせられたり、大丈夫か?と心配してしまった。

しかし、後のドグマ作品に比べればまだまだぬるいものですねー。

レ●プシーンは反応がわざとらしく、ちょっと乗れなかった。

「恥辱の女潜入捜査官4 屈辱拷問 管野しずか」の本編動画はこちらから