【うるみゆう】そういえば、「現役音大生」としてAVデビューしていたうるみゆう – うるみゆうは現役音大生兼巨大乳房家畜

うるみゆうは現役音大生兼巨大乳房家畜

極悪音楽大学の罠にハマった…夢見るピアニスト・うるみゆう。

巨大乳房を激しく揉まれ、搾られる!喉奥に鬼畜生棒をぶち込まれ泣きながらイラマチオ!!洗濯ばさみで挟まれ号泣、そして中出し!鬼畜達の爆乳凌●調教で地獄のような生活が過ぎていく…。

「うるみゆうは現役音大生兼巨大乳房家畜」の本編動画はこちらから

女優名: うるみゆう

やることはやっているが…

女優が意外におばさんクサイのは置いておくとして、作品全体の空振りっぷりは如何なモノか。

男優の声がうるさく、プレイは唐突で意味がない。

乳房への陵●もただこなしているだけで、乳房の変形や感触、反応を楽しんでいる演出がまったくない。

女優の芝居も単調だ。

冒頭の着衣プレイのねちっこさで通して欲しかった。

イラマチオ作品

○ぽっちゃり、爆乳のゆうちゃん。

イラマチオ中心の内容。

×ストーリーが滅茶苦茶で残念。

責めも粗雑。

女優がいい

はじめて見たけどいい女優だね。

癒し系の顔立ちで柔らかそうな美巨乳。

しかも最初からいじめられっ子の匂いがぷんぷんしてる。

学校で色々調教され、卒業試験として成果を試すために犯●れ、金持ちに売り飛ばされて中出しされるという見もふたもない話だけど、女優が合ってるんで、ちゃんと話として成り立ってる。

半主観ってことでカメラが女優に近すぎる部分があるのが気になるけど、この手の奴●調教が好きなら、結構いい味出してる。

そういえば、「現役音大生」としてAVデビューしていたうるみゆう

学費免除を条件にヘンタイ学長達の「性奴●」となった薄幸の音大生「うるみゆう」。

爆乳家畜の彼女がなにかにつけて学長に呼び出されては、みだらな性の調教を受けるという内容である。

まるでメス犬のように真っ赤な首輪をつけられ、口にはギャグボールを装着されるゆう嬢。

口から垂れた大量のよだれがIカップの白い乳房にたらーっと滴り落ちる様子は、さすがに「卑猥」といえる。

中盤は、仮面の男達による集団陵●および放尿プレイ。

そして、後半は、「洗濯バサミ」等による各種乳首責めを受けつつ、縄で縛られたままの緊縛FUCKである。

全体的に決して悪くない内容ではあるが、オープニングでピアノを弾いているシーン以外は、「現役音大生」という設定をまったくと言っていいほど活かしきれていないのは、少々残念である。

ちなみに、デビュー当時のうるみゆうは、(真偽はともかく)実際に「現役音大生」という触れ込みだった。

「うるみゆうは現役音大生兼巨大乳房家畜」の本編動画はこちらから