【川上ゆう(森野雫)】男優がしゃべってはいけないと思う – 非日常的悶絶遊戯 バイク雑誌の表紙の撮影を頼まれたモデル、ゆうの場合

非日常的悶絶遊戯 バイク雑誌の表紙の撮影を頼まれたモデル、ゆうの場合

渡辺琢斗監督人気シリーズ「非日常的悶絶遊戯第百七十六章」は「バイク雑誌の表紙の撮影を頼まれたモデル、ゆうの場合」バイク雑誌の表紙の撮影という仕事が入りました。

いざ撮影が始まると、カッコ良いのですがすぐにパンチラになってしまう衣装で、カメラマンの要求も際どいポーズで、恥ずかしいのですが頑張るゆうちゃん。

いつの間にかカメラマンと二人きりになり、セミヌードを撮らせて欲しいと口説かれるゆうちゃんですが…。

「非日常的悶絶遊戯 バイク雑誌の表紙の撮影を頼まれたモデル、ゆうの場合」の本編動画はこちらから

女優名: 川上ゆう(森野雫)

川上ゆう、やっぱ可愛い!しかし駄目だ、やっぱりハズレだ。

このシリーズはセクハラ&羞恥が見たいんだけれど、撮影設定だとどうしても「ポーズをつける振りでセクハラ→撮影→別のポージングで…」という流れになり間の撮影が邪魔に感じる。

例えばマッサージ物であれば「際どい所を→もうちょっと際どい所→更に…」と繋げられるのと比べて、どうしてもでテンポが悪くなる様に思う。

川上ゆうとのH自体は別に悪くないのだけれど、特に良いという訳でも無し、SEXが見たいなら他にいくらでもありますし。

また細かい点ですが、タイトルに「バイク雑誌の~」と謳っているにも関わらず、それ自体は単なるテイスト・フレーバー程度というのも(裏面をよく見ればそうじゃないことは分かるとはいえ)いかがなものか。

表パケの衣装も最初にちょっと撮影して終わりだし、その辺もうちょっと考えて作って欲しいと思う。

男優がしゃべってはいけないと思う

かなり前からこのシリーズを購入し続けている身としては、いくら撮影設定とはいえ、男優が本番行為前から事後まで、延々と喋り続けているというのは、このシリーズであってはいけないと思う。

また、マンネリ打破のためか徹底した主観映像でもなくなっていて、そこも残念です。

「非日常的悶絶遊戯 バイク雑誌の表紙の撮影を頼まれたモデル、ゆうの場合」の本編動画はこちらから