【本庄瞳】未亡人モノってだいたいこんな感じなんですか? – 未亡人初姦アナル凌● 本庄瞳

未亡人初姦アナル凌● 本庄瞳

名門・本庄家の長男と結婚した瞳。

幸せな生活は長くは続かず、夫は持病が発症し他界してしまう。

突然の夫の死。

悲しみにくれる瞳だったが、夫の残した遺書が瞳を更に不幸へと陥れていく。

「財産は瞳に委ねる」結婚して間もない瞳が相続??夫の二人の弟、徹とユウマが納得する筈もなかった。

そして瞳への仕打ちが始まる。

「マンコは兄貴が使って縁起が悪い。

初めての穴をもらうよ…」。

瞳の未知のアナルが絶好の標的となって…。

「未亡人初姦アナル凌● 本庄瞳」の本編動画はこちらから

女優名: 本庄瞳

この監督のポリシーなんでしょうか

マドンナからこの監督が出した琴星さんの前作とよく似た傾向で、ストーリー、台本と女優の演技、表情作りなどは細部まで力を入れられるが、アナル関連のビジュアル面には注意を払っていない様子。

ビジュアル面での不満は、・アナル中出しなし・サンドイッチの時間が少なく、2穴に入ったペニスのピストン映像がほとんど玉袋で隠され見えないし、体勢も悪い・玉袋がアナルピストンの邪魔、少し移動させれば・アナル開口映像無し・アナルバイブ責めの時間長すぎ。

少し、アナルファックに時間を割り振って欲しい仏壇の前でのアナルファックで、「あなたごめんなさい」、「お尻でいっちゃう」などの台詞の連呼など評価出来る点もあるが、定番のワンワンスタイルでの真後ろからの映像も少なく、あまりにもアナルビジュアル面を軽視しすぎ。

喪服にこだわり

喪服は女を美しく見せるとは、昔からよく使われる常用句だが、この作品もそんな喪服にこだわった未亡人モノ。

最後のSexシーンでは洋装の喪服を着用しているが、個人的にはジャケにある和装の方が好み。

まあ、どちらを取るかは個人の趣味の問題なので評価は別れるだろう。

一方、アナル物として見た場合、中出しNGは仕方ないとしても、ペニスを抜いた後のポッカリ開いた門をもっとアップで捕らえて欲しかった。

アナル好きにとってはその点が割り引き材料だろう。

ところで、マドンナのアナル物は、最近どうも単発が多いので本庄瞳さんには、マドンナの別のアナルシリーズにもチャレンジして欲しいね。

充分看板になれる女優さんだと思う。

映像の撮り方が素晴らしい作品

この作品を見て感動出来たことは、映像がとても綺麗に映っているところ。

仏前にいる本庄さんの撮り方は最高でした。

ただ、いかんせんストーリーにパンチがなく、敷かれたレールの上をダラダラ走っているような流れになっているところが非常に惜しく、セックスシーンにおいてもこれと行ったインパクトもなかった作品です。

アナル初心者にしては結構がんばってる

華奢ではかなげな未亡人を夫の遺影の前でアナルレ●プ。

喪服を着ているせいもあってものすごく悪いことをしている気分になる。

前半にアナルファック、後半に2穴ファック。

だんだん肛門開発され最後は2穴で感じるようになっちゃう。

「どっちもイク~」とか言って。

ただ、基本的に泣きそうな表情ばかりなのでかわいそうに見えてしまう。

プレイも終始無理やりだし。

陵●物が好きな人にはいいのかな。

とても良いですね

本庄さん本人が綺麗なので、それだけでもOKです。

2穴の時の切ないアエギ声がまた特にいいです。

未亡人モノってだいたいこんな感じなんですか?

重厚な感じのストーリーで、肝心のファックシーンを食ってる気がしました。

瞳さんてセリフ読む時の声はしゃがれてて聞くに堪えないんですが、エッチになると良い声になりますねぇ。

アダルトでメインな部分がストーリーに比べて薄い気がしました。

「未亡人初姦アナル凌● 本庄瞳」の本編動画はこちらから