【初川みなみ】拘束ソフトSM – 悶絶快楽女体拷問BDSM 初川みなみ

悶絶快楽女体拷問BDSM 初川みなみ

縄と鉄によって完全固定された女体を、男たちの性欲が這いずり回る。

さらけ出された乳房が、性器が、指と舌でゆっくり咀嚼される。

執拗な焦らしによる逃げ場のない快楽。

欲求不満の塊となった身体に突き動かされ、彼女は自らが性交器具であることを忘れて挿入を懇願する。

初川みなみ史上最もハードな、終わりのない拘束による快楽の牢獄。

屈辱と羞恥に歪んだ顔でイキ崩れる、見たことのない表情をご堪能ください。

「悶絶快楽女体拷問BDSM 初川みなみ」の本編動画はこちらから

女優名: 初川みなみ

もったいない

拷問ではない。

ボールギャグが本当に邪魔。

尻切れトンボな責めばかりで、初川さんの機嫌もしくは演出が悪かったのか?

それなりに良い

題名とは違って、内容的には拷問と言えるようなものではなく、イクのも激しいわけではないが・・初川みなみさんのスレンダーできれいな裸体を見せてくれるのが良いと思う。

その意味で・・網タイツ、フリル付きストッキング、ハイヒールなど、小道具?は合わない・・全裸の方が良かったのでは?

拷問

デビュー時と比べると大分肉痩せしたが、美少女から美女への見事な体型変化ですね。

緊縛されているにもかかわらず、立ちバックで自ら腰振ってイッちゃったり、目の前のち○ぽをめがけて舌出したり、口元から唾液と特濃精子をダラダラ垂らしたり。

こんなにも可愛い子が雌化してしまっているのがたまらない。

通常のBDSMのテイストとは違い、焦らし寸止めが中心。

可愛らしいはっつの困り顔や欲しがり顔が観れて、これはこれで良かった。

乳首コリコリや尻ペロペロ、はっつの身体を弄ぶ感じがたまらん。

特に全裸での大の字で張りつけは、綺麗な裸体を視覚で堪能したうえで、おっぱい中心にペロペロ出来るのはこのうえない幸せプレイで羨ましい。

緊縛うんぬんより、はっつの裸がとにかく輝きを放つほど綺麗すぎる。

全体を通してSEXは激しくはなかったので、次はおかしくなるほどの連続絶頂も観てみたいですね。

拷問?

別に拷問はしてないです。

手を変え品を変えヌルめの拘束をして普通のSEX。

一回だけ手マンで潮吹き少々。

物足りなさが、、

今はやりのBDSMですが、集団による凌●もないし輪●もない。

拘束して1対1のプレーでは、新鮮味がなかった。

そろそろ、おはつを、集団による凌●調教で真正肉便器にして欲しい。

ライトな陵●作品としてなら完成度高め

パッケージのインパクトに反して、焦らしが中心です。

BDSMというタイトルで大掛かりな装置も使っていますが、内容は緩いです。

感じて体を痙攣させたり腰を浮かせてビクビクさせているシーンは興奮しましたが。

という訳で、軽めのSM作品、ライトな陵●作品として見れば、けっこう完成度は高いと思います。

本格BDSM作品が好きな人には期待ハズレでしょうが、初川みなみのファンあるいは軽い陵●作品が好きな人にはオススメです。

拘束ソフトSM

チャプターは5つで構成されており逝き狂う様な悶絶は見られない。

拘束器具を活かした責めがなく似たり寄ったりなソフトな責めに退屈。

●鉄バイブ固定吊るしSEX羽毛の先端を小刻みに動かし体を刺激。

手マン、股コキ、SEX外出しくすぐったいと思うのだが、感じてる演出に違和感を感じた。

●玩具責め尻出し固定イラマリモバイを股間に固定された状態で頬内に擦り付けるイラマ風のフェラ不恰好な状態にもかかわらずSEXがないので尻出し固定の必要性を感じない。

●四つん這い固定背後突きSEXボディタイツの四つん這い固定で乳首いじり、尻舐め、手マン、クンニ、フェラ、PtoM、SEX恥ナラ外出し、お掃除フェラ●椅子上GANJIGARAME責め雁字搦め程ではない椅子の上で拘束された状態での手マン、ディルド責めに拘束を一部解きマングリ状態での電マSEXがなく玩具責め尻出し固定よりもインパクトが薄い拘束に魅力を感じない●鉄パイプ全身固定縛られSEX両手両足を繋がれ吊るすのか?背中を支えたいのか?曖昧な相反する拘束に魅力を感じない。

他に2パターンの拘束があり、SEXが各1回ある肘膝に緩衝材があるのはいいが範囲が広すぎて拷問らしさが感じられない。

体制が苦しい箇所に緩衝材を設置して見えない優しさを受け入れるか体制が苦しくはないが痛みを受け入れるかのような主従関係の演出が欲しい

「悶絶快楽女体拷問BDSM 初川みなみ」の本編動画はこちらから