市長選挙

我孫子市長選挙2019の開票結果速報|立候補者(飯塚/星野)と情勢・出口調査まとめ

ここでは1月13日に告示、1月20日投開票の千葉県、我孫子市長選挙2019の開票速報及び開票結果についてまとめています。

最新の情勢やNHKなどの出口調査情報、投票率、争点、当確予想、立候補者の経歴やプロフィール、公約なども交えてお届けしますので是非参考になさってくださいね。

 

今回の我孫子市長選の立候補者はいずれも無所属で新人で元市議の飯塚誠氏(49)=立憲、国民、共産、社民、自由推薦=と、4選目当選を目指す現職市長の星野順一郎氏(61)=自民、公明推薦=の2名です。

有権者数は1月12日時点で11万1587人となっています。

我孫子市長選挙2019|開票速報・開票結果・NHKの最新出口調査・当確情報・投票率

我孫子市長選挙2019の開票結果については開票速報やNHKなどによる最新の出口調査、当確情報が入り次第、随時下記の図を更新致します。

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
18,663 飯塚 誠 49 無所属(立憲、国民、共産、社民、自由推薦) 無職、元市議
26,082 星野 順一郎 61 無所属(自民、公明推薦) 我孫子市長
  • 有権者数 110,456人
  • 投票率 40.86%

以下は前回(2015年)の我孫子市長選挙の開票結果となります。

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
26198 星野 順一郎 57 無所属 我孫子市長
8483 海津 にいな 61 無所属 団体役員、元市議
  • [執行理由]任期満了
  • [告示日]2015年1月11日
  • [投票日]2015年1月18日
  • [有権者数(人)]108,321人
  • [投票率(%)]32.52%
  • [定数 / 候補者数] 1 / 2

我孫子市長選挙2019|争点や情勢、当確予想

ここでは我孫子市長選挙2019の争点や情勢、当確予想についてご紹介致します。

我孫子市長選挙2019の争点

我孫子市長選挙2019における主な争点は『クリーンセンターの建て替えに関わる財政問題やエネルギー問題』が挙げられています。

各候補者の政策主張や公約は後述します。

我孫子市長選挙2019の情勢や当確予想

選挙戦がスタートしてからの情勢で当確予想ですが、今のところどちらの候補者が有利優勢に選挙戦を進めているといった情報は特にありません。

しかし、前回(2015年)執行の選挙結果を見る限りでは現職市長である星野順一郎氏がダブルスコア以上をつけて圧勝。

現市政の評価や評判も特に不評であるという情報もないため今回も当選するのではないでしょうか。

我孫子市長選挙2019|立候補者の政策(公約)やプロフィール、経歴

1月20日投開票の我孫子市長選。

任期満了に伴う選挙戦に立候補の名乗りを上げたのは、現職市長で4選を目指すほしの順一郎氏、対する新人で元市議の飯塚まこと氏の2名。

 

政権与党の自民党・公明党が推薦する現職VS立憲民主党・国民民主党・共産党・自由党・社民党・市民ネットワーク千葉県が推薦する野党統一候補の新人という構図の選挙戦。

現新一騎打ちを制するのはどちらの候補なのでしょうか?

それでは立候補者であるほしの氏、飯塚氏のプロフィールや政策をご紹介します。

ほしの 順一郎(ほしの じゅんいちろう/現職市長)

  • 名前:星野 順一郎(ホシノ ジュンイチロウ)
  • 現年齢:61歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属(自由民主党・公明党推薦)
  • 肩書き:我孫子市長
  • 学歴:市川学園市川高校、日本大学松戸歯学部卒業
  • 職歴:歯科医院(自営)、我孫子市長(3期)

現職市長のほしの順一郎氏は、1957年12月27日に我孫子市中里で生まれます。

市川学園市川高校を経て、日本大学松戸歯学部に進学。

歯科医師国家試験に合格します。

 

その後、30歳手前で星野歯科医院を開業。

我孫子青年会議所でまちづくり活動に取組み、1995年には理事長に就任します。

また、1999年から2007年まで我孫子市介護認定審査会の副会長、2003年から4年間にわたり我孫子市歯科医師会会長を務めます。

 

このように若くしてキャリアを重ねていくほしの氏。

3期務めた前市長の福嶋浩彦氏の引退を受け、保守系政治家などから推される形で市長選への出馬を決意。

そして2007年1月に行われた選挙戦に49歳で出馬。

 

民主党系議員が支持する渥美省一との新人同士の一騎打ちになるも、ほしの氏は渥美氏に1万3千票以上の差をつける30,177票を得て初陣を飾ります。

再選を賭けた2011年の選挙戦では、元市議の坂巻宗男氏(現・市議)を迎え撃つ戦いに。

坂巻氏に激しく追い上げられるも、27,240票を得たほしの氏が4,643票差で退けます。

 

前回2015年の選挙戦では、元市議の海津新菜氏(現・市議)との一騎打ちとなるも、26,198票を得たほしの氏は海津氏を1万7千票以上の大差で破り3選。

そして迎えた今回の選挙戦。

ほしの氏は、昨年9月の議会での代表質問への答弁の中で、3期で重ねた実績を掲げた上で、

「初心を忘れず、責任を持って取り組んでいきたい」

 

と述べ、4選に向けた出馬を表明。

スローガンは、「住んでよかった我孫子市にします!」

政策の柱と主な公約をご紹介します。

  • 元気と活力の推進
    ・環境資源を活かした魅力あるまちづくり
    (高野山新田、我孫子新田の活用)
    ・常磐線、成田線、バス、道路の利便性向上
    (356バイパスのシャトルバス計画)
    (都市計画道路の開通)
  • 子育ての推進
    ・学校体育館の空調設備
  • 安心と健康の推進
    ・我孫子駅ホームのエレベーター設置
    ・湖北消防署の建替え、救助隊の訓練施設の新設
    ・特養老人ホーム、在宅介護サービスの推進
  • 行財政改革
    ・新クリーンセンターの整備

飯塚 まこと(いいづか まこと)

  • 名前:飯塚 誠(イイヅカ マコト)
  • 現年齢:49歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属(立憲民主党・国民民主党・日本共産党・自由党・社会民主党・市民ネットワーク千葉県)
  • 肩書き:無職(元我孫子市議会議員)
  • 学歴:私立郁文館高校、大東文化大学外国語学部卒業 、聖学院大学大学院政治政策学研究科修了、千葉商科大学大学院政策学研究科博士課程単位取得退学
  • 職歴:株式会社伸葉スクール勤務、株式会社三浦商事勤務、衆議院議員秘書、我孫子市議会議員(4期)

対する新人候補の飯塚まこと氏は、1969年5月9日に我孫子市で生まれます。

私立郁文館高校を経て、大東文化大学外国語学部に進学。

卒業後、学習塾経営会社や工業用燃料卸会社にのべ10年勤務。

その後、知人からの紹介で衆議院議員の秘書に就任します。

身近に政治に触れるうちに政治家を志すようになった飯塚氏は、秘書業務の傍ら、聖学院大学大学院政治政策学研究科に進学。

 

政治学修士を取得します。

そして2007年1月に行われた市議補選に民主党公認候補として37歳で出馬。

2名の定数をめぐり6名が争う選挙戦となるも、候補者トップの15,714票を得て初陣を飾ります。

同年11月に行われた市議選では、2位の2,731.650票で再選。

 

2011年の選挙戦でも当選を果たします。

そして2015年4月に行われた千葉県議選に民主党公認候補として出馬。

2名の定数をめぐり自民党公認の現職・今井勝氏、元市議の水野ゆうき氏を相手に争うも、2位の水野氏に3,145票差の10,116票で後塵を拝し落選します。

 

その後、同年11月に行われた市議選に出馬し、上位で4選を果たします。

現在は立憲民主党に所属しています。

そんな飯塚氏は、多選を自粛し3期をもって引退した「改革派市長」こと前市長・福嶋浩彦氏などが共同代表を務める市民団体からの要請を受け、今回の市長選への出馬を決意。

 

その思いを次のように述べています。

「自校調理の学校給食継続、学童保育の充実、未来にバトンを渡せる我孫子市をつくる。

脱原発を進め、自然エネルギー企業を誘致する」

 

スローガンは、「正直にまっすぐに~皆が幸せになれる持続可能なあびこを!~」

政策の柱と主な公約を抜粋してご紹介します。

  1. 全国でトップレベルの自然エネルギー推進都市にする
    市長は我孫子市議会からの意見書を踏まえ、東海第二原発の運転延長(再稼働)を認めず、廃炉にするよう市として
    政府や日本原電に申し入れます。
  2. 子育てしやすい都市にする
    我孫子市が誇る自校調理方式(各小中学校に調理室があり、全校に栄養教員・栄養士を配置)による手作り給食を継続し、子どもの食文化を育てます。
  3. 生涯、安心して自分らしく暮らせる都市にする
    介護が必要な人を切捨てないことを大前提に、持続可能な介護保険を目指します。
  4. 新しい発想で都市整備をすすめる
    新・市民会館(文化ホール)は、建設の是非を含め、密室でなくオープンな場で検討します。無作為抽出による市民討議を行い、利用者、納税者、双方の立場で議論します。
  5. 市の借金を増やさず、子どもにつけを回さない
    市が毎年行う借金は、その年の借金返済額以下に抑えます。つまり毎年、借金総額を減らします。
  6. 公正で透明な入札と契約をすすめる
    市の発注する事業は、適切な競争入札により、質の向上と適正価格を実現します。行政が関わる談合があってはならないのはもちろん、民間事業者間の談合が行われないよう入札監視委員会を再強化します。
  7. 市職員の力量を高めるため、民間との交流をする
    新卒で採用し定年まで勤める職員だけでなく、民間で活躍している人材を積極的に採用し、多様な市職員を確保します。
error: Content is protected !!